宴会GUIDE


成功する幹事の条件

宴会やパーティーを開くには、それを企画する幹事さんが必要となりますよね。会場の予約や、食事・会費などいろいろ決めなければなりません。ここでは、あなたが幹事さんにもしなった場合に、成功する条件としていくつかご紹介したいと思います。お役に立てれば嬉しいです♪

幹事は裏方

参加者が楽しんで盛り上がってくれれば言うことありません。その為にも幹事の気持ちの持ち方が重要となります。主役ではないがその役割はそれ以上に大きいです。

準備は万全にこなす

会で思いがけないハプニングはつきものです。その為にも準備は万全にこなし気持ちに余裕を持たせることが大切です。当日はその場の雰囲気次第で周りに合わせて行動しましょう。

周りを動かす

メリハリの効いた進行や気配りなど幹事は実にやることが多いです。そこで力に自信ある人・手先の器用な人などそれぞれ得意分野を持った人に協力してもらうことが大事です。
あまり大人数でも逆にうまくいかないこともあるのでできるだけ少人数で行動しましょう。

スタッフへの心付け

いい感じで会を成功させることができ仲居さん等に心づけを渡す人がいるかもしれません。でも会を始める前に心づけを渡しておくと貰った人の気力が全然違うはずです。これで会がもっとうまく進行するはずです。

気配りを忘れない

実際お酒が入り始めると全体を把握しているのは幹事だけです。つまらなそうにしている人がいたら臨機応変に対応していかなければなりません。

会の目的を決めよう!

会にも種類はさまざまで、新年会・社員旅行・忘年会で親睦会や友人の結婚パーティ・歓迎会・研修会・送迎会・合コンとたくさんの種類があります。
目的によっては感じのお仕事も変わってきます。まず目的では、どういった人達が集まるのか、どういった会にするのか はっきりと明確にしてその状況を把握することが大切です。

逆に、目的が決まっていたとしたら、主役はもう決まっていることでしょう。
行事はその会の主役のために行なわれるものです。主役が決まっていると脇役、参加者全員のめどが立つはずでしょう。

そして参加者が決まれば会場の候補なども出てきます。それによって料理が決まったり、そこから会費、その人達全員が楽しめるカラオケ、ゲームなどのイベントにといった順に議題があがり、そのことで状況がきちんと把握出来てくるでしょう。

つまり、目的が決まっていなければ、こういった順序などのめどを立てた企画が出来ず、行き当たりばったりで一貫性のない効率の悪い企画になってしまいます。
つまり、 会の全体像を見据えて企画しなければ行き当たりばったりになってしまっては効率も悪くなってしまいますよね。

全体像を見るためには、まずはじめに目的を決めることが大切です。そして目的が決まっていると、企画が順序を立てて進めていけるはずです。それには、会を企画するのにまず何よりも先に目的を決めることが大切となります

バスを選ぶコツ

貸切バスは大型(30-60人乗り)・中型(27人乗り)・小型(26人乗り)・マイクロバス(20人乗り)に区分けされている。人数に合わせて選択しましょう。
後部座席がサロンタイプになるバスでの旅行は(バス旅行では基本)、乗ってすぐ飲食をして観光地に向かうことができます。ガイドさんの有無は予算が少し高くてもつけたほうが幹事さんの心強い右腕になってくれるからオススメです。参加者への心配りと、旅行の管理をしっかりしてくれます。バスの確認は、グレード・座席数・新しさを必ず聞きましょう。車種によって通行料が変わるし、小さなバスだと小道に入ることも出来ます。

ホテルを選ぶコツ

ここで間違えると痛い目に遭うから注意!ホテルは料金で選ぶのではなく、必ず内容で選びましょう。
企画・プランもので選び、写真にだまされないためにも、営業マンのリアルな評価を聞きだすことが成功への第一歩です。料理企画はチラシになるものが多いのでチェック! また、 同じホテルでも部屋、建物に違いがある場合が多いから注意しましょう。

小道具の用意も忘れずに

各種小道具は宴会を盛り上げるために大いに役立ちます。はっぴなどのコスチュームもその一つです。

check

クレジットカードの現金化を知る

2018/7/6 更新

Copyright (c) 2008 宴会ガイド, All rights reserved