宴会GUIDE

宴会マナー1

職場の宴会は飲み会といっても会社の行事です。親しい友達との飲み会とは違い、そこには守らなければならないマナーがあります。マナーについてお勉強しましょう。

雰囲気を察知しましょう

忘年会などは、その職場で何度も行なわれてきていて職場のしきたりのようなものがあります。後から入社した人が自分勝手に騒いでしまって、雰囲気をだめにしてしまうのはマナー違反です。会社の宴会に参加したら、まずはその場の雰囲気を知りましょう。食事を楽しむタイプの宴会なら、自分も食事をゆっくりと味わって、出し物やゲームで盛り上がるような宴会であれば、自分もそれに参加して一緒に楽むといいでしょう。。

先輩に従う

部署などで出し物をやるような宴会だと、見ているだけでは当然のこと許されません。出し物には、宴会で一体感を味わおうという意味もあるので、できるだけ参加するといいでしょう。みんなはやっているのに自分だけ参加しないとなると、その場の人たちの雰囲気などを壊してしまいます。

どうしても苦手な人でも、「これは全員参加の会社の行事。仕事の一環だ!」と思って、頭数としてだけでも参加した方がいいです。逆に、得意な宴会芸があっても、まずは先輩に様子を聞いたりして、そのしきたりに従うのが無難でしょう。自分一人だけ目立ったりすると、その場の雰囲気を壊してしまったり、後でいやな思いをしてしまう場合があります。

自分の立場を認識する

先輩ばかりの職場だと、どこまで手伝えばいいのかが分からないですよね。宴会には一般に幹事さんがいます。幹事に頼まれてはいないのに、勝手にいろんなものを手伝だったりするのはかんがえものです。もし手伝うときは、幹事に「やることありますかぁ」など、一声かけるようにしたほうがいいです。

とは言っても、自分の周りの人にお箸がなかったり、食べ物がなかったりというような場合には、お店の人や幹事に声をかけるようにしたほうがいいでしょう。そういう気配りも大切です。
逆に、新入社員が司会をしている場合などは、先輩がいろんな事を指図してはいけません。
多少危なっかしいところはあったとしても、そこは新入社員にまかせておきましょう。相談されたら、適切なアドバイスをしてあげるといいです。
自分が幹事になったときは幹事という役割をしっかりして、全体に気を配った最後に自分は楽しんで、その宴会後のお疲れ様会にするようにしましょう。

コミュニケーションをとりましょう

宴会は、先輩たちとのコミュニケーションを取ることの出来る良いチャンスです。今は一緒に仕事をしていない相手がいたとしても、いつか仕事で組むことがあるかもしれません。親しくなっておくと、仕事の上で役立つときがくるでしょう。

話しかけられたら適度に受け答えをして、先輩にも話題を投げかけて、親睦を図るといいでしょう。自分ばっかりが喋るのではなくて、相手の話にも耳を傾けることが大切です。職場ではなんとなく話しづらかった先輩でも、以外と話もきさくに出来ると思いますよ。

食べてから飲む

お酒には強いというひとは別として、できるだけお腹をすかせた状態でお酒を飲むのは避け、少し空腹を満たしてから飲みましょう。
空腹のままだと、お酒は胃からすぐに腸に吸収されてしまうので、酔いがまわるのが早くなってしまいます。酔いがひどいと苦しいだけではなくて、回りの雰囲気なども壊してしまいます。
もうひとつ、人に対してもお酒の無理に飲ませたりしてはいけません。よく見受けられるのが、上司からの酒を断るのか!っと言う方もいますが、いくらおいしいし飲みやすいからと一気に飲む場面があります。中にはホントに弱くて病院へ搬送されてしまう場合もあるので注意してください。個人のペースを守るのも宴会のマナーのひとつです。

Favorite



マヌカハニー 860

新宿で細胞再生注射をする

Last update:2019/4/23

Copyright (c) 2008 宴会ガイド, All rights reserved