宴会GUIDE

屋形船の種類と歴史-四季の風物詩 歴史ある屋形船-

屋形船とは??

屋形船とは基本的に、15〜80名程度を収容出来る船のことを言います。最近では屋形船は屋根にデッキを設けて外に出られるようにした船もあるようです。
屋形船を営む業者を「船宿」と呼びます。

おもに貸切の屋形船は宴会の目的で運航され、料理や酒が提供され、通常の宴会だけでなくて、会議室として会議や研修に利用されたり、花火大会の観覧や結婚式等のイベントに利用されたりするなど、屋形船は利用する携帯は多岐に渡ります。

屋形船は通常お酒飲み放題、屋形船の厨房で揚げた天ぷらと刺身がメインあと食事とデザート、冬は鍋料理が加わります。


屋形船の各船宿によってこまかい違いがあって、その個性とサービスを競い合います。川に屋形船を浮かべ、そこにしつらえた宴席で遊ぶという形式では、江戸時代前期からあって、その頃の屋形船は屋根舟と呼ばれ大名、旗本のような位の高い武士や豪商のためのものだったようです。料亭より格式が高い、と言われた屋形船は、この頃の話だと言われています。
今のような、水上に浮かぶ大型個室座敷という性格を強め、客の敷居を広げ誰でも気軽に楽しめるようになった屋形船は、昭和末期のバブル景気の頃にその形を整えたようです。

屋形船の歴史

屋形船は江戸時代に最も盛んになり、江戸時代、江戸は隅田川などを中心とした河、堀を使った水上交通が発達し、これによって江戸の文化・経済が栄えはじめました。江戸の経済・文化が熟するにつれ、武士や大名・比較的裕福な町民・承認が盛んに屋形船遊びを行っていました。その頃になると江戸武士に限らず、日本全国で屋形船が登場し、各地で桜を愛でたり、俳句を詠んだり.と粋を楽しむようになったのです。

屋形船自体も、徳川の泰平を象徴するかのように、豪華な遊楽船が造られ、最初は定員20名位と比較的小さな船ばかりだったようですが、有力な大名などは自前の屋形船の豪華さを競い、屋形船は次第に大型化していきましていったのです。屋形船の大型化だけでなく、その装飾は豪華をきわめ、金・銀・漆・絵画などあらゆる手段で装飾し、当時の屋形船では芸者衆と遊ぶことが一般的となり、『其美筆紙に尽くし難し』とまで言われたようです。

屋形船の長さ11間幅3間部屋数10もある大型船はあまりにも華美すぎるため、幕府はついに装飾や大きさに制限を加えはじめ、『遊山船金銀之紋、座敷之内絵書き申間敷事』ほど制限、禁令がでるほどであったと伝えられてきました。
屋形船遊びは江戸幕府が倒れた後も庶民の間で「風流な遊び」として明治、大正、昭和初期、と続いて、屋形船は全国各地で用いられててきました。
昭和20年頃、屋形船にも大きな転期が訪れ、昭和20年代、日本は太平洋戦争に敗れてしまい、人々は屋形船を楽しむ余裕を失ってしまったのです。また近年に入り東京の河川は水質の汚れや、コンクリートの殺風景な防壁が築かれたことによって、屋形船はほぼその姿を消していったようです。屋形船の復活はごく近年だといわれています。

貸し切りの屋形船とは

屋形船の一般的な利用のしかたです。
屋形船の大きさで人数は変わってきますが、2時間〜3時間、豪華な料理やお酒などを楽しむというのが、貸切の屋形船の基本的なスタイルだと言われています。
貸切の屋形船は大人数が集まる際のイベントにいいでしょう。年中利用することができるので色々な用途で利用することが出来ます。

乗り合いの屋形船とは

1隻の屋形船に複数のグループなどが乗り合わせます。
乗合の屋形船でも、料理や雰囲気は通常の貸し切り屋形船と同じように味わうことができ、少ない人数でも気軽に利用できるという良い点があります。
乗合の屋形船は毎日必ず出るとは限らないので問い合わせてみましょう!!。

注目サイト




【2019年最新版】福岡(天神・博多)で女性に人気おすすめパーソナルトレーニングジム10選!料金比較ランキング!

最終更新日:2019/5/24

Copyright (c) 2008 宴会ガイド, All rights reserved